エミリーの家

フランスパリに住む日本人です。色々なトラブルに巻き込まれます。最近帰国しました

うつ病なのに海外 パリに住んでみた。利点と欠点

f:id:emily_kawa:20180317054033j:image

 

うつ病なのにフランスパリに住んで2年。そして日本に帰って来ました。

で、結局どうだったの?幸せだった?不幸だった?

 

パリに2年住んでどうだったか

日本かフランスか、どちらがいいかよく聞かれるんですがはっきり決めるのは難しいですね。いいところも悪いところも大きすぎて、半々・・・かなぁ。という感じです。

特にパリはスリが多いんですよ。とはいえ日本は台風や地震など災害で人が亡くなる可能性が高いので、命の心配が無いフランスの方が幸せともいえますが。

では、フランスの辛いこと、それからフランスの幸せなことを語ります。

【欠点】クレジットカードの不正使用に遭う

クレジットカードの不正使用は二年間で二回!

フランス語が堪能でないと、カード会社にカードを止めてもらうのさえすごく苦労します・・・。英語じゃダメなの?って思う方もいるかもしれませんが日本と同じです。日本人でも、電話口のオペレーターがいきなり英語でペラペラ話されても困惑しますよね。英語が公用語ではない国なので当然うまくいきません。

もう禿げそうなストレスでした・・・

不正使用された後も、自分が使っていない項目を明細(フランス語)から探して申請して、返金してもらうまでが大変ですよ。

カードの不正使用については以前ブログで書いたので、気になる方はこちらの過去記事をご覧ください。

www.emilynoie.com

 

【欠点】車から荷物を全て奪われた

車でパリ市内を走っていた時、犯罪グループにタイヤをパンクさせられ、その後荷物を全て盗られました。旅行に行った帰りだったのでパスポート、クレジットカード類全て、現金、一眼レフカメラなど・・・まあ全てを奪われて、なんとか現地在住の知り合いに電話して借金しました。こういう知り合いがいたからなんとかなりましたが、親戚にも友人にも頼れない場所で暮らすのが大変だと思い知りました。言葉のせいで警察にだってほとんど頼れません。

こちらも詳しくは過去のブログ記事で

www.emilynoie.com

 

【利点】自由な価値観で、心が軽くなる

日本では、料理ができない女性が見下されるような風潮があったり、服は毎年流行りを取り入れなきゃダサいとか、化粧するのはマナーなんて習慣?が有りますよね・・。

そういう習慣に、日本にいた頃は違和感すら感じていませんでしたが、フランスに住んだ今はもう耐えられないほど嫌です。

フランス人は人と比べません。大昔から陸つながりでいろんな国や宗教の人と関わる歴史があったからなのか、自分と人を比べるという価値観を持っていません。住むと体感できます。

服はまあシンプルにまとめれば、毛玉だらけのセーターでも、色落ちした化繊の服でも全く恥ずかしくありません。服にお金をかけなくていいし、靴も毎日スニーカーでいいし、化粧もしなくていいです。日本は同じ人種と同調文化があるから人と比べるんですかね??だって、パリにいて思うのですが、自分と身長も体格も肌の色も、宗教も出身の国も違う人たちの中で、「あのワンピースがダサい」とか?「化粧が濃すぎ・薄すぎ」って思いますか?フランス人はおばあちゃんでも、ピンクの膝上丈のワンピースを着たりしますが、日本人がよく人の服装を見て「年相応の服を着るべき」なんて言っているのを見ると悲しいし、ストレスを感じます。だって、なんだっていいでしょう?人の化粧や服をけなして、けなされた人が幸せを感じますか?

そういう、人からの悪口を気にしなくていいのはかなり幸福です。

そんなことより美味しい食事やスポーツをして過ごそうよ〜!というフランス人の考え方が大好きです。

こういう考え方は、うつ病を改善するのにいい状態を作れたというか、精神的に健康になれます。

 

【利点】働く人が幸福そう

フランスではお客さんと店員の立場は対等です。

神様ではありません笑。

だから理不尽なクレームが全くありません。

経営者と社員の関係も、もっと対等に近いものなので、フランス人はサービス残業をさせられる事もないし、取引先から無理難題を押し付けられるという事もありません。

私はブラック業界で働いて、うつ病になったので、このフランス人の働き方が大好きになりました。

お店の店員さんも、警備員さんも、のびのびと歌いながら働いて笑顔。そういうの見るとこちらも幸せになります。

ただ、サービスが悪いんですけどね。みんな適当だし、スーパーの店員はスマホをいじりながら接客するし、ご機嫌な時もあれば、不機嫌そうな事もあります。素直!でも私は、過労や自殺の多い日本より幸福な国に思えるんですよね。

 

【利点】食事が美味しくて健康的で優雅。

f:id:emily_kawa:20181107173824j:plain

フランスは美味しいものいっぱいでしょ?って言われますが、本当にそうで、これはヨーロッパの他の国々からも羨ましがられます。

まず野菜が日本より美味しくて安いです。BIOといって、有機野菜も手軽に手に入りますし、季節ごとに野菜が入れ替わり、たくさんの種類の野菜が並ぶので、フランスに居たら生野菜を食べる量が圧倒的に上がります。なにせ人参すらものすごく甘くて美味しいです!色も濃くて栄養価も高いので健康になれます。

レストランも最高です。シェフはかなり時間をかけて料理の内容を練りますし、フランスのレストランは全てコース料理なので、ワインと一緒にゆっくり、上品に、優雅に食べる文化がとても好きです。

日本の料理は世界一美味しいですが、優雅にゆっくり味わって食べる事が少ないのは残念に感じます。また、食洗機が普及して居ない日本では、買ってきたお惣菜をプラスチック容器そのまま食卓に出したりするのは残念に思えます。ゴミも日本はものすごく出ますよね。

 

【欠点】外食が高い、手軽に食事ができない

先ほど書いたようにフランスのレストランは全てコース料理になるので、気軽に安く美味しく食事できる場所が存在しません。日本のファミレスがものすごく恋しくなります!!あとスーパーのお惣菜やお弁当。こういうのも無いので、日本食を食べたいと思ったら懐石料理のようなクオリティのお店に行く事になってしまいます。正直疲れます。お金ももちろんかかります。

 

【利点】旅行がとっても良い!

f:id:emily_kawa:20181107174014j:plain

陸続きでいろんな国を旅する事ができますし、フランス国内でも旅行がものすごくしやすいです。

まず、夏季休暇は基本的に1ヶ月前後取る事ができます。気候も最高で、夏は暑すぎないし、乾燥して雨が少ないです。ハワイを涼しめにしたような気候がずっと続きます。美しい公園で本を読んだり、田舎のレストランでテラス席で食事するのもなんとも幸福!しかも日本ほどは混雑しません。毎年人生で最高の思い出を作れます。

しかも夏だけでなく春や秋も1週間くらい旅行できます。碧い海も紅葉した葡萄畑も最高に美しいです!ホテルも工夫次第で、安くて広くておしゃれな場所に泊れます。これぞバカンス!

 

【利点】災害がほとんど無い

2年間で地震は一度もありませんでした。震度1すらありません。

台風はありません。

豪雨はたまにありますが、人が死ぬほどではありません。元々豪雨なんて想定して居ない街の造りなので日本より少ない雨量でも氾濫する事はありますが、家が流されるなんて聞いた事がありません。日本では毎年どこかでこんな災害が起こっているので当たり前になりつつありますが、フランスでそれが起こったら歴史的大事件でしょう。

命の危険を考えず毎日生活できるのはとても幸福です。家だって買っても壊れる心配なんてしませんし。

日本に帰ってきたら急に緊急地震速報が鳴り響いたり、復興にかかるお金に悩まなくてはいけないのは辛い・・・です。

 

【利点】結婚も自由、貧乏でも見下されない、共働きしやすい

フランス人はほとんどの人が結婚しませんし、結婚しているか未婚かで格付けされるなんてあり得ません。まあ日本でも最近は、独身だろうと何か言われるということも少なくなっていますかね。

貧乏でも、お金持ちがバカにしてくるなんて事はありません。というのも、フランスは日本より、貧乏な家の子供がお金持ちになるのが大変難しい社会なんです。日本では貧乏だと、「努力が足りない」「バカ」なんてレッテルを貼る人がいる気がしますがフランスではそれは本人のせいでは無いし、バカになんてしません。また、フランスのお金持ちって元々貴族だったりして礼儀をわきまえているので、心に余裕を持っているというか人を傷つけるような行為はしない気がします。自分の裕福さはどうであれ、人にひどく言われないならストレスが少ないですね。

日本よりいち早く共働きの社会を実現したフランスでは、社会の様々な事が共働きありきでできているので、ストレスが少なくて良いです。例えば、フランス人は料理をあまりしません。女性でも。家で毎日何品も用意するなんてしないのが当たり前です。また、洗濯機は乾燥機能つきが当たり前、食洗機が普及している、湯船は普通入らないので風呂掃除なんてあまり必要ありません。とにかく家でこなす家事の量が少ないです。

また、大きいと感じるのがゴミ出しの方法。フランスのゴミ出しは本当に簡単なんです。毎日何時に出しても良いし、プラ容器や瓶は洗わなくてOK!だから、「明日は何のごみだっけ・・」って気にしなくてもいいんです。かなりストレスが減ります。

今日本で女性が辛いのは社会の仕組みと、周りの理解のなさですが、そういうストレスからおさらばできます!

こちらについても以前書いたのでもっと知りたい方は過去記事で

www.emilynoie.com

 

 

【利点】冬とっても暖かい

パリの緯度は北海道と同じくらいなので、かなり寒い地域なんですが、暖房のシステムが日本よりしっかりしているので家の中がとても暖かいです。

私が一番フランスに帰りたいと思うのは実はこれです。

24時間、春のような気持ちの良い温度に家中が保たれているので、外が寒いと忘れるほどです。蛇口からはすぐお湯が出るので、冷たい水で手を洗ったり歯を磨くことも無いです。これはヨーロッパのお湯がタンク式だからです。タンクの中身が空になったらしばらくお湯が出ないと言われますが、実際なくなった事はありませんでした。

日本ももっと、冬暖かくするのが当たり前なら、こたつなんて全く必要ないし、湯船に入る必要もあまりないんですよね。しかも全然風邪ひきません!快適だしストレスフリーです。

 

【欠点】街と公共交通機関が汚い

フランスの街は、色んなところにゴミやう◯ちが落ちていて常に下を向いて歩かないといけません。正直臭いし最悪です。

地下鉄は便利ですがとても汚いです。落書きだらけで不衛生。ところどころ壊れて居る。椅子のシートはボロボロで破れたり。

日本はこの点でトップレベルなので他国に行くとすごく不満に感じます。

フランスは治安とこの汚さのせいで、外出を渋ってしまいがちになります。観光なら気にならない人も居るかもしれませんが住んでこれが日常なのは本当に最悪です・・・

 

まとめ

まだまだありますが今回はここまで。

どちらが幸せですかね〜。

価値観をがっつり変えたという意味で、海外生活はうつ病にはプラス・・だったかな?と思います。劣等感とか、感じる事がなくなりました。

でも言葉の問題もあって、ストレスは本当に大きいし、他国に居るというアウェー感はずっと感じ続けます。日本を結構嫌いでないと、他の国の方を永住するほど好きになるってなかなかレアケースかもしれません。

外国でのストレスなどから、フランスでうつ病になる日本人も居るそうです。