エミリーの家

フランスパリに住む日本人です。色々なトラブルに巻き込まれます。最近帰国しました

フランスを車で旅行してきました!13〜15日目【シャトーホテルに泊まる】

さて旅も終盤。シャトーホテルへ!スペイン国境付近から一気にパリの方までドライブします。(地図の)2箇所のロワール周辺の美しいホテルへ。とても雰囲気が良かったですしホテル周辺で過ごします。

車の旅15日間の日程
  1. ロワールで城巡り
  2. ボルドー
  3. サンテミリオン
  4. ビアリッツ
  5. ビダール(スペイン国境の側)
  6. シャトーホテルに宿泊

f:id:emily_kawa:20190130155441j:plain

 

お城みたいなホテルに宿泊

ロワール周辺には、川沿いにお城がたくさんあるのですが、いくつかは観光客用にホテルとして使われており、泊まることができます。値段はまあまあしますが手が出ないような値段ではないです。四つ星ホテルくらいの相場だったと思います。値段だけ見るなら前日のビダールのリゾートホテルの方が高かったです。

ホテル内の敷地や周辺の森がとっても素敵なので、わざわざ昼間出かけなくても敷地内でのんびりするのがおすすめですよ。場所によってはプールやテニスコートもあります。

実は私はシャトーホテルに全く興味がなかったのですが夫がどうしてもというので宿泊しました笑。意外と男の人の方がロマンチストというか興味を持つのかなー。

 

1泊目・ガーデンウェディングにぴったりの素敵なホテルへ

すっかり旅疲れした私たちにぴったりな静かなホテルへ。周辺に民家もない、畑と放牧場の中に建つホテルでした。

f:id:emily_kawa:20190702160725j:plain

素敵なお庭ーー!

期待してなかったんですが結構気に入りました。ホテル敷地内を探検するだけでとても素敵。癒されます。まあちょっとシャトーホテルとは違うかもしれませんね。次の日宿泊する場所は完全に「シャトーホテルです」と売り出しているような場所なのですが、こちらは素敵で広いお庭を生かして結婚パーティーなどをする方が多いみたいです。

f:id:emily_kawa:20190702161159j:plain

プールも綺麗!

あいにく雨がパラつく天気だったので入りませんでしたが雰囲気がいいですね。

f:id:emily_kawa:20190702161345j:plain

お部屋はとても広くてちょっとアットホームな雰囲気。

ウェディングに使われるホテルなだけあって、ドレス用のフィッティングルームが付いていました。旅疲れしていたので広い部屋でゆっくり過ごせるのは最高ですね。

f:id:emily_kawa:20190702161635j:plain

このホテル、結構有名なレストランが併設されているんですが(ミシュランの星付きだったような・・。)この日、なんとお休みでした。夫よ・・・。まあ夫が下調べとか苦手で適当なのは今に始まった事ではない。やたらこんなことが多いので今更気にしない。ちょっと残念ですがこの日はコールドフードなら用意できるわよ?ということだったのでお願いする事に。

まあ夕食としてはちょっと寂しい気がしますねー。日本だと食事をコールドフードだけで済ますってなかなか無いですし余計にしょんぼりしましたけど笑、生ハムとパンがとーっても美味しかったです。腹7分目で健康的ですしね!うん。ワインはやはり美味しかったです。

f:id:emily_kawa:20190702162240j:plain

お庭のテラスで食事したんですが気持ちが良かったです。野菜やサラミなんかを上品に食べて、日がどっぷり暮れるまでのんびりおしゃべりして過ごしました。これぞフランスの文化という感じですね。

レストランに行けなかったのは残念でしたが静かで雰囲気がいい場所にいるだけでとっても幸せでした。人懐っこい黒猫もいて遊んでもらったりして。これぞヴァカンス。何日もここに居ても楽しかっただろうなあ。周りの畑を散歩して馬とか牛とか見て回りたかったです。

 

2泊目・王道のシャトーホテルへ

次の日は、そう離れていない場所にある王道のシャトーホテルへ。夫がワクワクしております。

f:id:emily_kawa:20190702162834j:plain

ばばーん。ここです。

どうですか?お城っぽいですか?お庭がとても立派ですね!

さて正直に言っておきますが、私はあんまりシャトーホテルとやらに興味が無くて笑。興味を持って読んでくださっている方にはちょっと申し訳ないんですが自分の正直な感想で書きますね

ファンタジー脳な私はお城といえばディズニーランドのシンデレラ城だったので、本物のお城に連れて行かれてもなんだか、貴族の別荘にしか見えないんですよね。まあ事実お城って=貴族の別荘の事なので合ってるんですけど。

とはいえ、お庭を含めお城の周辺の雰囲気がとても良くて気に入ったので、先に周辺をご紹介します! 

周辺の森が美しすぎる

f:id:emily_kawa:20190702164005j:plain

お城からの眺めです。城下の建物や湖が美しい!

お城が丘の上に建っていたので周辺の景色がとても素敵でした。森が広がり、おとぎ話の中みたい。曇りだったのが余計に雰囲気を良くしていて、映画みたいでうっとりしました。

f:id:emily_kawa:20190702164425j:plain

顔は隠してありますが・・広大な庭の一角に木のテーブルや椅子があったりして、とてもロマンチック!お花柄のロングワンピースとか着たら本当にお姫様になれそうですよね。不思議の国のアリスの撮影に使われても違和感がないです。

 

お城は周辺を美しい森で囲まれており、散策することができます。

f:id:emily_kawa:20190702165632j:plain

馬車が似合いそうな道です。白雪姫に出てきそう。

f:id:emily_kawa:20190702165519j:plain

結構奥まで入ることができます。この日は雨だったのですが、この少し曇ってしっとりとした森の雰囲気がとても幻想的で、小説家や映画監督だったら創作意欲を掻き立てられるでしょうね。私もこんなに素敵な森歩きは初めてで、ここに住みたいと本気で思ってしまいました。

f:id:emily_kawa:20190702170100j:plain

七人の小人が出てきそう。

f:id:emily_kawa:20190702170126j:plain

お城の裏側です。塔の上にはラプンツェルが居るのかな。

城内

さて外の写真ばかりになってしまいましたが城内はこんな感じですよ!

f:id:emily_kawa:20190702170645j:plain

こちらが1階のロビーです。絨毯もランプも雰囲気がいいですね。

f:id:emily_kawa:20190702170751j:plain

螺旋状の階段がとても綺麗!まさにお城ですね〜ドレスを着て登りたい。

f:id:emily_kawa:20190702170843j:plain

こちらがお部屋です!いかがでしょう?調度品がアンティーク調で豪華ですね。普通のホテルと違うところはこの結構派手なテキスタイルですかね。カーテンまで全て統一した布が使われています。

個人的な感想としてはお部屋は普通かな?という感じ。もっと豪華な天蓋付きベッドとか想像しちゃってたんですけど笑。日本人的な妄想なのかなー。いやでもお城といえばお姫様のベッドを期待しますよね?。。いや、本当のお城ってこうなのかー。

(本当に正直な感想を言うと、ちょっとラブホみたいって思ってしまいました本当すみません!!お城に憧れている方々!でもお部屋は過度な期待をしないほうがいいかなーと。)

f:id:emily_kawa:20190702172024j:plain

こちらがお食事の会場です。完璧な美しさ!ワクワクしますね。映画のシーンみたい!

f:id:emily_kawa:20190702172210j:plain

隣のミニバーもとっても素敵な雰囲気でした。

食事

さてお城のディナーです。チェックインの際に、何時に食事をとるか聞かれます。観光客向けのシンプルなメニューになっていました。前菜・メイン・デザートはそれぞれ2択。魚か肉を選ぶ感じですね。フランスのレストランで2択だけって結構珍しいです。夫と逆のものを選びました。その方が楽しいですからね。

サーバーの方もフレンドリーで楽しいです。

f:id:emily_kawa:20190702172746j:plain

これはアミューズだったかな?食事形式は高級フランス料理の伝統的なもので、料理の中にアミューズや口直しがセットになっているので、前菜の前に少し細かいお料理が出されます。

f:id:emily_kawa:20190702173125j:plain

こちらは確か夫が頼んだ前菜でフォアグラのテリーヌだったかと。カシス系のジャムなどで酸味が効いた豪華な一皿ですね。美味しい。

f:id:emily_kawa:20190702173239j:plain

私が頼んだ前菜、ツナとフルーツゼリーときゅうり。夏らしく爽やか〜。盛り付けが丁寧。肉や魚にフルーツを合わせるところがフランスらしいですね。

f:id:emily_kawa:20190702173456j:plain

メインの鶏胸肉。

フランスに2年住んでて初めての経験だったのですが、ここでまさかのオーダーミスが!夫と別々のメニューを頼んだはずが、二人分同じお肉のメインがきてしまいました。普通フランスのレストランってミスしないのでとってもびっくり。料理を持ってきてくれた男性に、フランス語で丁寧に説明(店員さんの機嫌を損ねないように気を使わないといけない。)納得していただいたのですが、私たちのオーダーを取ってくれた愉快なおじさま店員が、「どういうことだ?」「いや・・俺は知らないよー(汗)」みたいな言い訳をしていて、一気に気まずい雰囲気に。料理を運んでくれた若い店員さんは私たちの味方でいてくれたんですが、肩身が狭くなってしまいました・・・。こういう時フランス人の上流階級なら、店員さんを労いながら「すまないね、君の素晴らしい対応に感謝いっぱいだよ。こんなこともあるよね。」とか言えるんでしょうけど!私のフランス語レベルではそんな対応ができなくて、ああああ。

f:id:emily_kawa:20190702175229j:plain

はい、気まずいままデザート。シューやクッキーにマカロン。見栄えがいいですね。

写真は無いのですがデザートの前にはチーズが出されます。ワゴンで何十種類も持ってきてくれて好きなチーズを好きなだけ頼み放題です。私たちはお腹いっぱいで一つもいただきませんでした。

普通ならデザートの後、エスプレッソはご注文なさいますか?って聞かれるのがフランスの絶対おきまりの流れなんですけど。先ほどのおじさま店員が、気まずかったのかギクシャクし出し、私たちのテーブルにだけ来てくれなくて!!もう本当フランス人らしい!全くもう〜〜・・・って思いましたが、こういうフランス人の無責任対応にすっかり慣れきっていたので笑。もうなんか、しょうがねえなあ(呆れ)って感じでした。エスプレッソ欲しかったのにさ。

食事の正直な感想を書きますね。

豪華でトラディッショナルな体験ができますが、味は・・・うーん、感動するほどではないんですよ。実はこのシャトーホテル、フランス中のシャトーホテルがそうだと思うんですがアジア人ツアー客でいっぱい。常にツアーバスが何台も泊まってるくらい。食事会場も9割が日本人・韓国人・中国人のツアー客で。そして旅慣れている方にはわかっていただけると思うんですが、ツアー客だらけのレストランってなぜかいまいち美味しくない!!田舎の地元民に愛される小さいレストランの方がずっと美味しいし感動するんですよね。

というわけで、シャトーホテルに憧れている方には申し訳ないんですが、食事の味は値段ほどではないとお考えください。過度な期待はしないで行きましょう。

 

シャトーホテルの全体的な感想

そうですね・・・正直にいうと、行かなくてもいい・・かなあ。本当ごめんなさい。これを友達とかにいうと随分がっかりした顔をされて気まずくなるのでブログだけで言うことにしますが、お城見学ならヴェルサイユ城とかで良くない?お部屋が超豪華なら泊まる価値ありって思うんですがそうでもないので。フランス人観光客がほとんど居ない理由がわかります。でもこうやって、感想を語れることだけがプラスですかね笑。行かないと全くわからないですし。

ただ、私と違って夫は楽しかったみたいです!お城だよー!すごいねー!って思える人には楽しめるかな?とはいえ夫も、食事はそうでもないって感想でした。

 

旅の終わり

さて、旅の最後はこんな感じでしたが、いろんなことを体験した旅になりました。川でカヌーを漕いで、夕日を見て、星を見て、海で溺れかけるくらいはしゃいだり。15日間だったけどもっと長く感じました。

パリの自宅に帰った時にはもうぐったりしました。夫の希望で、毎年いろんな場所を数日づつ旅する事になるんですけど、私はフランス人らしい、キッチン付きの同じ宿に何日も泊まってただただのんびりするって旅の方が好きです笑。次行くなら、やっぱりビダールかその周辺の海で何日ものんびりしたいですね。何度か行ったニースも、やっぱり大好き。また行きたい場所です。初めてフランスの海を旅するならニースの方をお勧めします。サーフィン好きや玄人向けの旅をしたいならビダール周辺!いいですよ〜。

 

旅の振り返り 過去記事です

*1日目の記事はこちら*

www.emilynoie.com

 

*2日目の記事はこちら*

 

*3日目の記事はこちら*

www.emilynoie.com

 

*4日目の記事はこちら* 

www.emilynoie.com

 

 *5日目の記事はこちら* 

www.emilynoie.com

 

 *6〜9日目の記事はこちら* 

www.emilynoie.com

 

*10〜12日目の記事はこちら* 

www.emilynoie.com