エミリーの家

フランスパリに住む日本人です。色々なトラブルに巻き込まれます。最近帰国しました

フランスの美しく優雅な下着をお買い物【現地レポ】

f:id:emily_kawa:20180705001536j:image

フランスで下着を購入しました。

フランスの下着は全体的に、エレガントさとセクシーさを兼ね揃えた大人っぽいデザイン。

前から気になっていたんです。

しかも着心地が良くて肌触りも良いです

日本には無いのでおすすめ。

特にショーツは日本の同じ値段のものより柔らかくて締め付けがありません。ゴム跡が付かなくて快適です!

前にも一度別のお店で買ったんですが、その時も、特にショーツのエレガントさと、つけ心地の良さに惚れました。

 

フランスの有名ブランドAubade

今日訪れたのは、Aubade(オゥバード)というお店です。

  • ちょっと値段が高めで質が良いブランド
  • ブラの値段が大体50ユーロ〜150ユーロ位。日本円で6000円〜17000円位
  • 刺繍が美しい
  • 透けを生かしたデザイン

f:id:emily_kawa:20180705003205j:image

↑購入したら特別にブランドの広報雑誌をプレゼントしてもらえました。

f:id:emily_kawa:20180705003907j:image

f:id:emily_kawa:20180705003814j:image

フランスの下着は、どのお店も黒・白・ネイビー・赤のラインナップです。他の色は殆ど見かけません。

日本のようなパステルカラーは殆ど見たことがありません。

最初はそれが残念だと思っていましたが、セクシーで、洋画で女優が着けているようなラインの下着に魅了されました。

また、ショーツはTバックを少し幅広にしたようなタイプが人気です。←凄く履きやすいし、夏は涼しいしかわいい。

大人っぽい感じがすると思います。

 

いざお店へ…!

笑顔の素敵なお姉さんにボンジュー!と挨拶。

必要そうなフランス語を覚えて行ったんですが、入店してすぐ話しかけてくれた店員さんの長めの言葉がまず聞き取れなくて諦めました(;_;)…はやい。

英語で言い直してくれたんですが聞き取りやすいですね、英語…!

「あなたのサイズを教えてくれたら、用意できるデザインをいくつか見つけますよ。なぜなら、今ソルド(フランスのセールの事)だから、殆どのデザインはサイズが限られてるの」

なるほど。

ネットでフランスの下着を検索したら、ソルドの時に行くとお得だと書いてあったので行ったんですが、デザインが限られてしまうのですね。

サイズを答えたら、3つのデザインを提案してくれました。

 

ちなみにサイズは日本とは全然違います。

  • フランスのサイズはA〜Dまで。
  • D=日本のGカップ位。
  • アンダーはcmなので日本と同じ
  • 分からなければ服の上から測ってくれるので大丈夫
  • 店によっても少し違うので試着して確かめます

2つ気に入ったデザインがあったので試着。

「I like this!」

「Do you try it?」

「Yes!」

みたいな簡単な会話です笑。お互いカタコト英会話です。

 

試着室で着替えると

「Is it good?」

みたいな言葉をかけられます。日本と同じですね。

「えーっと…I think it is good...」

とか言ってたら店員さん入ってきました。oh!笑

透けたデザインで、乳首が見えるタイプなんですけど笑。フランス人は気にしません。彼ら乳首見えても恥ずかしく無いんですよね。

「あ、大きいわね!ワンサイズ下を持ってくるわ!」

とか言って、てきぱき話が進みます。

で、2回目の試着でサイズもばっちり、デザインも気に入ったものを購入!

f:id:emily_kawa:20180705013335j:image

こちら

ホームページのトップ写真になっていたものを半額で購入できました!

レースが美しい〜

ちょうどサイズも揃っててジャストサイズのものを選べて

「あなた本当ラッキーね!セール中はどうしても希望のサイズが無くて、上下別になったりするのよ」

と言われました。

いい買い物が出来て大満足です。

今度はセールじゃ無い時に行きたいな。たくさんのデザインから選びたいです〜

 

一応、フランスのAubade公式ホームページを添付しておきますね。

Aubade® Boutique officielle | Nouvelle Collection Automne-Hiver 2018 | Lingerie - soutien-gorge, culotte - Aubade